上海問屋、アラームが鳴るとプロペラが飛び立つ目覚まし時計

同製品は、セットしたアラームが鳴るとプロペラが飛んでいく目覚まし時計である。飛んでいったプロペラを元の場所に差し込まなければアラームは鳴り止まないという仕様になっている。スヌーズ機能も装備し、アラームを止めても約5分後に再びアラームが鳴り、プロペラがテイクオフ。スヌーズをOFFにしない限り、アラームは延々と鳴り続ける。給電は単三電池5個(別売)で行う。サイズは高さ110×直径141mm(プロペラ含む)で、重量は約180g。プロペラの直径は125mmとなっている。