10名の名表はとっくに息をつけていて、スイスの時計の『メーカランキング』を見ている

年末になると、様々な賞が続々と出てきて、スイス人も風俗を免除することはできません。最も権威のあるものはジュネーヴ時計大賞(GPGと略称しています)。「名器乱杯」の十大名表論は、情報の通ずること、市場の成熟によって時代遅れになっていたが、今の時計はすでに炉に出ている。
11月3日、旧暦の9月20日2日、「中国コレクション」の創刊15周年に関する活動が行われ、出かける前にカレンダーを見てみました。筆者は「子供たちが時計を泣かせていた」という文の中で、京城の西へ行くことは少ない。今回の活動は、直接あなたに癖をつけられた。何の日だと思っていたのか、捕まえないほうがいい!勇気をぶつけて解放軍の同志に証明書を渡し、一路小走りで会議場に着いた。
「中国コレクション」は、客居北京の前からすでによく知られていた雑誌で、当時の主編の徐艦さんと10年以上の知り合いがあり、紹介者としては大羽さんをつむって時計展を開催した。のコレクションの雑誌はいつもいないことができて、筆者は先生とよく知っていて、自然も徐主編と知り合いました。昨日のイベントでは徐兄に会いましたが、髪が白くなっていて、ちょっとユーモアを持った笑顔が依然として、よかったです。現場のコレクション界のゲストは多く、教訓を聞いて「ふふ」と思っていたが、意外にも筆者には「手が届く」と思った。イベントの終わりに「中国のコレクション源創力賞」が贈られ、主催者側も声をかけていなかったが、黄暦によると、この日は捕獲。北京温総授賞、故宮出版社陳総編が同台の賞を受賞したことにより、このたび十年余りの縁があってよかったと思います。