知能の時計にあっても、物理期機器市場を着て爆発期

市場研究機構IDCは予想して、知能は2015年着設備が続いて爆発的に増大して、特に第2四半期はApple Watchを代表の知能時計など製品が続々と発売され、2015年に中国を着て知能が設備出荷量以上640万台のうち、知能手環と時計を超える630万種類の製品は部。
現在、世界は服装の設備を呈して市場は主に三つの発展方向:まず情報交換型製品など、知能の時計と眼鏡などGoogle;2は健康モニタリング類製品、老人や子供向けなど人;3は体感コントロール類製品など、レム制御や脳波制御など。全体から見れば、服装は機器市場が上昇の勢いで、そのスマートバングル先駆ける、知能は物理の段階にある腕時計。スイスの貸付けの試算によると、全世界は製品市場の規模を着用することができて未来の2~3年は急速に500億ドルに増加する見込みです。
今終わったばかりの世界モバイル通信大会では、世界の科学技術大手が次々と製品を着て登場することができ、その中には知能時計が複数ある。報道によると、サムスン、連想、ファーウェイ、中興、ソニーやHTCなどが展示された腕時計メーカー知能やスマートバングルなど新型が着設備。しかし、種類の限られた機能と機能が重なっているのは、今回の大会での着こなしの著しい特徴である。ファーウェイ回り持ちの最高経営責任者(CEO)胡厚昆大会期間中は、未来のユーザーのポケットの中のスマートフォンは緩やかに転じたシリーズが着設備と仮想デバイス。これはスマートフォンと、製品を着用することができる理想的な組み合わせかもしれません。
市場研究機構IDCは予想して、知能は2015年着設備が続いて爆発的に増大して、特に第2四半期はApple Watchを代表の知能時計など製品が続々と発売され、2015年に中国を着て知能が設備出荷量以上640万台のうち、知能手環と時計を超える630万種類の製品は部。
あとの分析では、今後数年着設備市場は知能時計とスマートバングル等分天下の構造。研究機関によってCCS INSIGHTの統計によると、2013年世界スマートフォンやスマートブレスレットの出荷量は180万部と290万部、2014年に330万部と1800万部、2015年知能の腕時計は徐々に見通しの力で、2者の出荷量はそれぞれ2700万部に達すると3600万部。