手を取り合って积家リンカーンセンター映画協会「奴隷12年』の舞台

180年の悠久の歴史を持つスイストップブランド积家表は2013年よんしよ月発表とニューヨークリンカーンセンター映画協会(フィルムSocietyオブリンカーンセンター)長年パートナー関係を創立して。これはアメリカの有名な非営利映画組織です。そのリンカーンセンターと協力の基礎の上で、积家手を携えて、毎年恒例の「常駐映画人計画」(Filmmaker in Residence)、全力で支持の映画の芸術の発展。
积家リンカーンセンターとして映画協会を長期的なパートナー、蒼井さんじゅう月日とイギリス監督兼作家安德里亚・アーノルド(Andrea Arnold)と協力して「常駐映画人計画」(Filmmaker in Residence)の後、今週サポートの2つの映画祭典:史蒂夫・マックイーン(Steve McQueen)監督の映画『奴隷ニューヨーク12年』の舞台や、「にレイフ・ファインズ(Ralph Fiennes)に敬礼」パーティー。
現地時間じゅう月はち日、积家とリンカーンセンターを迎える映画協会監督スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)監督の作品『奴隷12年』。この映画はジョン・莱德利(ジョンRidley)によるソロモン・诺萨普(Solomon Northup)著伝記同名小説が原作で、本は語った自由体のニューヨーク黒人诺萨普拉緻誘拐されて奴隷の経験。