ブレゲ(BREGUET)月入って明るく古耀今

「長生きを願って、千裏共に嬋娟。」中秋節――たびに、無数の文人墨客たちも感月咏怀、あこがれの気持ち、祈り円満で仲むつまじい。明月清照和泉流、松の間、千百年以来、無数の賭けへの月、静かに掛かって空中で、永遠になる時空の目撃者と守護者。そんなイメージをを平方寸の間、寄は針の厘と、より奇家。阿伯拉ハンコック–ルイ・ブレゲ(Abraham-Louis Breguet)は実現の奇家の傑出している時計師。月相表示――つまり時計の上で表示月の満ち欠けの状態で、最も古い時計として複雑な機能の一つで、ずっと続くブレゲ新しいインスピレーションを提供し、ブレゲ時計の経典を骨董内包、止まらず演繹月相示す魅惑的機能。
優雅な経典の再現月相
Classique 7137インスピレーション源于ブレゲ時計直接の象徴である有名なNo.5懐中時計。1794年、ブレゲさんがまず月相機能導入懐中時計、これは当時の聖米亚特伯爵カスタムブレゲNo.5懐中時計。No.5は1787年よんしよ月から開発まで、1794年さん月最終的に完成。この時計はニコラス・海耶克(Nicolas G . Hayek)買い戻し、そしてずっと隠してブレゲ博物館。この二百年来ずっと人気の称賛の表モデルとして、世界でも有名な「perp E tuelle」シリーズの時計の第2陣作品として築いたブレゲさんが世界一流時計師の地位、月相。、動力貯蔵表示や組み込み式の小さい秒針文字盤の構造を打ち立てたブレゲの経典のデザイン。