経典また輝くバセロンコンスタンチン発売第2セットの「無限の宇宙」

新シリーズ腕時計で向き合ったバセロンコンスタンチン工芸大家達は腕の良い無限創造力、伝えるバセロンコンスタンチン創立以来ずっと怠らずに完璧な時計製造と文化の間のつながりが性。歴史、今と未来という新しいシリーズ腕時計で交差、呈ブランドの工芸大家にもかかわらず、タブの過程の中で厳しい挑戦に頼って、依然として抜群の才能、細心の職業精神と創作のインスピレーション、結局成功に立ち向かうこと。
M E tiers d ‘アートLes Univers Infinisシリーズ発売の三枚新しい時計を混ぜた様々な技術、採用した碁盤式平面密はめこむ技術せ震えるような魅力を放つ。また、金や真珠母貝細工モザイクは更にヴァシュロン・コンスタンタンの芸術の大家シリーズでは、新しい工芸ハイライトとして初めて、結合彫刻、彩色上絵、宝石をちりばめエナメルと機刻彫り技術、ダイヤルに作れる幾何学、富動感や象徴完璧を織り交ぜた錯視画面(trompe l ‘ oeil)。文字盤は、互いに入り組んの繰り返しのパターンで、1種の絶妙な無限に延伸感と透視効果を造営して、持っているプラチナのケース、精緻な優雅な雰囲気を表現する。繊細な時計のデザインは文字の最大範囲が最大規模になって、上品な透かし彫りの針は格紋の形の彫刻芸術によって十分の演繹空間を提供しました。