2017年バーゼルワールドはロレックスの前でチューダーブースをハイライト

今年の展示ホールの分布は以前とそれほど変わらないが、ホール1は主な展示ブランド、ホール2は国際的なブランド、ホール3はジュエリーブランド、ホール4は一部の部品サプライヤーです。 ホール5は独立した時計メーカーのブランドです。

ホール1の1階は、毎年開催されるWatch Houseウォッチフェアでのリアルタイムレポートの焦点です。 今年のホール1の1階にあるブランドブースの位置は昨年とほとんど変わらず、ジラール・ペルゴとアテネの2つのブランドは今年バーゼルワールドから撤退し、2つのブランドの位置はCONSTANTとYiに置き換えられました。 ホール1の1階の最後の階にも、中国のポルシェ(PORSCHEDESIGN)のEberhardが初めて登場しました。 グラスヒュッテのオリジナルブースも今年増加していますが、これはおそらく、36のムーブメントに基づく新しい時計が今年も増えることを示しています。