ストライプジャケット&白パンスタイル × ロレックス「コスモグラフデイトナ」

こちらの男性の時計は初期のロレックス「コスモグラフデイトナ」。一見するとボロボロに見えますが、実は今や1000万円級の値段がつく超絶高価な手巻きのデイトナ6263です。高価なものでもためらうことなく普段使いするのがヨーロッパの人びとの素敵なところ。傷付いたガラスやプラスチックベゼルの風合いが唯一無二な存在感を放っていますね。

このようなコントラスト強い「ブルー×白」のストライプジャケットの着こなしは日本人にとってかなり難度が高く感じられるかもしれませんね。この方はインナーにジャケットのくすんだブルーと同じトーンのデニムシャツを入れることでうまくバランスを取っています。カジュアルに色柄が目立つジャケットを合わせたいときにはインナーやパンツなどその他のアイテムは無地で落ち着かせ、ジャケットの色(この場合はブルー)をうまく拾いながら2〜3色でまとめるのがポイントです。さらにネイビー×白に靴やネクタイでブラウンを足す色遣いもイタリアらしいコーディネートなので参考にしてみてください。