精工の海洋公益版の缶詰は来て、約5000元、あなたはどう見ますか?

2018年には、精工が発売した一連の海洋公益版(Save the Ocean)が注目を集めている。海洋公益特別版腕時計の最大の特徴は、きれいなグラデーションブルーの表盤です。これまでは「亀」(国内ではアワビという)と「サムライ」という精製の潜水表をご紹介しましたが、今日は、海洋公益特別版家族のメンバーがまた、ファンの多い潜水表――精工缶詰をご紹介します。
精工缶詰の英語名はTunaで、直訳するのはマグロの意味で、「缶詰」は国内の時計友のニックネームです。間違いなく、缶詰は精工の歴史の上で最も重要な表金の1つで、1975年に、精工は有名な専門の600メートルの潜水表の6159 – 022を出しました。主なデザインの特徴は、一体化フライスから出た表殻(底蓋がない)、第1枚チタン合金の潜水腕時計です。もう一つの革新は、特許のL形防水座布団であり、各種の設計は、ヘリウム分子が表殻内に侵入しているので、精工専門の潜水表はスイスの競品のようにヘリウム弁を配置しなければならない。精工の「まぐろTuna」の時計の起源。
NOOB工場直販のスーパーコピー時計通販です。弊店の最高級ブランド時計コピーは品質2年無料保証です。2019新年キャンペーン!10%OFF!日本人担当 齋藤 進一。