カシオG – SHOCKシリーズの時計は本当に全ての機能が揃っていますか

カシオG – SHOCKの腕時計では、実用的な防弾構造や氷球の大きさの箱として知られていますが、これは腕時計の世界では周知の事実であり、それはなぜ彼らが軍隊や執行法と極限の運動タイプを引き付けるための敬意であるということです。つまり、G – SHOCKの時計はファッションやスタイル以外の理由を選ぶ傾向がある。また、白、黄色、赤、迷彩のほか、G – SHOCKの時計も微妙な色になっている。黒、濃紺、グレー、深緑。それは、今まで。日本の時計メーカーがしたように大きく大胆に、カシオ時計の新しいG – SHOCKの黄金シリーズ、あるいは“狂金”シリーズは、傍観者や友人だけで、宝くじやエルトンジョンの秘密戦術倉庫を獲得したかどうかを知りたいかもしれない。
4つの新しいデザインは新しい色を採用して、表面から表殻から表帯まで、完全にレーダーの下に残ることを望まない。これらの新しいシミュレーション/数字と全数字の時計は盛んに発展している榴弾砲の熱火砲のすべての細かい点を持っていて、1枚ごとに金の貫通のためです。カシオの腕時計の技師たちはすでに黄金樹脂に対して適切な使用を行っていますが、この黄金樹脂は金属の模倣に相当していて、眼球の魅力(通常は財布)を引きつけるように光っています。中等の視力を持っている人は、実際には高価なもので作られていると考えられていませんが、全体の実行は1つの注意を引き起こして、しかし前提はあなたはまだ初めから足まで黄金を飾ったことがありません。
実際の時計はあまり新鮮ではありませんが、カシオの時計は確かに現在の腕時計に3種類の金を注入しました。Light Goldは最も“天然”に見えるが、Dark Goldは樹脂の中にはかなりの黄色が含まれており、ほとんどわさびの色を見せている。これまでは、バラ金が最も華やかに見えてきて、本物のものが一番いい仕事に見えるかもしれません。ゴールドの色が顔に魅力を増しているのが、ケースやバンドをより金属に見せるだけではない。コントラストが足りないので、手の金色とナ/ dgiモデルの小さい表面は確かに読みにくいですが、Goldシリーズのバージョンを購入すれば、実際には時間に関心があり、目の時計に注目してください。しかし、純粋なデジタルモデルは正常で、さらに退屈な深色の兄弟のように読みやすい。ありがとうございます。すべてのGoldシリーズの時計の黒の機能のフォントはすべてはっきり見えます。
G – SHOCKの腕時計に対する支持者は、恐れないでください。Goldシリーズのすべてのモデルは依然としてあなたの期待するすべての生物の特徴を持っています:防水の200メートル、磁気を抵抗して、世界の時間、1 / 1000秒の秒時計、スピードのインジケータ、タイマーと自動LEDランプ-そしてG – SHOCKの時計の特有の靭性を忘れてはいけなくて、この価格の上で本当に何の他の時計職人に繰り返しられていませんです。華やかな「金属」黄金シリーズは、8月14日に全世界の小売業者とベスト在庫商に上陸する。