キューバの国鳥にちなんだクエルボ・イ・ソブリノスの限定品

 1882年、ラモン・イ・クエルボがハバナにLa Casa(ラ・カーサ)という高級時計宝飾店をオープンする。ほどなくアルマンド・リオ・クエルボを含む兄弟達が経営を手伝い始め、後に店名を“クエルボとその甥達”という意味である「クエルボ・イ・ソブリノス」に変更、事業は次第に拡大した。時計はスイスのラ・ショー・ド・フォンで製造。卓越したスイスの時計製造の技術に、ラテンの精神を吹き込むことに成功する。
 
1940年代、砂糖需要の拡大によりのキューバはかつてない好景気に沸いた。それとともにも「クエルボ・イ・ソブリノス」は絶頂期を迎え、パテック・フィリップやロレックスといった一流時計メーカーにオーダーしたショップウォッチも数多く生まれた。作家のアーネスト・ヘミングウェイ、俳優のクラーク・ゲーブル、政治家のウィンストン・チャーチル、そして物理学者のアルベルト・アインシュタインなど当時の著名人たちの多くが、クエルボ・イ・ソブリノスの顧客名簿にその名を連ねていることからも当時の人気ぶりが窺い知れる。だが、その後、キューバ革命などの政情不安により営業停止を余儀なくされる。
 
2002年、現CEOのマルツィオ・ヴィラによって本格的にブランドが復活。現在、スイスのルガーノを拠点に、当時のスケッチ、デザインからヒントを得ながら、かつてのモデルに独自のタッチを加え、新たにハバナテイストを基調としたエレガントなモデルを生み出している。