万国でもプレイしてDayプラスプラノ手動ブレスレット時計

ここ数年、IWC万国表は、サザンフィノシリーズ全体を再構築し、ブランドを中枠に入門したカジュアルスタイルの時計を確立し、2013年に8日間の動力を出した手動ブレスレットは5111、そして8日間の動力を持っているプラネフィノマニュアル腕時計5101を発売した。上のカレンダーの表示は5201になり、2015年の時計の奇跡展では最終的に先週のカレンダー表示を加えて、パフェノ手動上のチェーンリスト5103を達成した。これらの時計は、同じ大型8日間の動力貯蔵マニュアルの自産の機軸である。
基礎の機軸の5900サイズが大きいため、この時計の直径は45 mmに達して、厚さも12 mmで、しかし依然として人に1種の繊細で、スリムな時計の印象を与えます。表殻の外観設計は優雅で滑らかで簡潔で簡潔な線があります。アーチ型ブルーの宝石表ミラーは、複雑な雰囲気を作り、2つのバージョンのカレンダーの時計、1つは銀めっきのステンレスの金で、1つは岩灰色の表盤紅金金で、赤い金はもっと穏やかに見えて、灰色の表盤にはほとんどのワガチョウのような柔らかさと温かい感があります。
大きいカレンダーは12時の真下に位置して、月曜日に表示された小さい針の表盤方式を採用して、3時の位置に位置して、私は更に周暦の窓を受け入れて、ロレックスのDay – Dayのようです;6時位置は少し内の凹んだ小さい秒針盤で、秒針の度のリングは環状の同心の円紋があります。印象的な8日の動力の貯蔵の指示は左の9時に位置して、2日の1格、針は依然として有名な老式のプラチナフィノの燕の形の針を残していて、長い時間の針の末端は十分に表盤の分の度に達して、時間のマークはやはり優雅で美しい細い棒の形で、伝統のPoritfinoスタイル、12時の時はローマの字として表示されますです。