バセロンコンスタンチンM E tiers d」アート芸術の大家シリーズVilles Lumières光の城

新しいM E tiers d」アート芸術の大家シリーズVilles Lumières光の城を誘って一緒に見下ろすお時計で、大都市夜景を具現し、独自のアイデア。文字盤はダークエナメルをベースとして活用する、多種の貴重な粉末、マイクロ絵形式が大都市光るの俯瞰夜観。伝統的な大明火内にエナメルを埋めて、貴重な粉末工芸を飾り、高級製表業の一大創挙を示す。これらの注目を集めて、図案はすばらしく、ジュネーヴの刻印認証の時計を通じて新たな芸術と創作分野を切り開いて、伝統的な芸を斬新な発想で続けることができました。
ブランド結合2種類の非凡芸を作成する光る夢作:大明火で記入ヴァシュロン・コンスタンタンのエナメルは職人が近い3世紀以来代々の技芸を貴重で手作り粉末は日本客員アーティスト今井陽子(などのImai)の妙技。この技は、表盤に初めて適用され、金、真珠、プラチナ、ダイヤモンドの粉末がエナメルに細かく彩られ、艶やかなツヤがある。非常に心をこめたデザインによって、これらの明るい閃光は広大な都市の景色を描き出す。街や川、有名な建物の霊動を見せる。M E tiers d」アート芸術の大家シリーズVilles Lumières光の城の表の皆が刻まれ尊いジュネーヴ印を搭載し、バセロンコンスタンチン独自開発制の機械ムーブメント、精緻な装飾工芸と伝統芸脈々と受け継がれて高級タブ。このシリーズの最初の4つのモデルはそれぞれジュネーヴ、パリ、ニューヨーク、北京の魅力的な夜景を展示しています。その後、他の都市バージョンが続々と発売される。