機械時計はどのくらい前に出したのですか。

機械時計は2つの種類に分けられていることはよく知られています。1つは自動ストライプで、もう1つは手動ストライプで、それらの違いは時計内部の機械コアに自動ホーム装置があるかどうかです。ここで注意したいのは、手の動く機械の時計がヘアピンを巻く時、時計の頭がロックされているかどうかを見て、そうでなければ時計の冠を直接時計回りに持っていくのがヘアピンです。持つときは力が合うように注意し、邪魔力があればもう持つ必要はありません。爆発しないようにしてください。
アメリカ式の上で機械の時計はどのくらい前に出しました
機械時計はどれくらいの時間に1本出すべきか、もし装着しているのが自動機械時計であれば、2週間ごとに時計の頭を回したほうがいいです。つまり、この輪を2回回したほうがいいです。自動メカニカルメーターは1本出すことをお勧めしないし、毎日つけ続けていると、1~2周して行ってしまうので、時計の歯車を正常に回すことができます。手動でストライプを巻く機械時計をつけている場合は、1日に2回、1回は寝る前に、2回目は昼12時に起きることをお勧めします。寝る前に髪を上げるのは、時計が長時間静止している状態で、余裕のある髪の量を保ち、歩くときの安定と正確さを保証するためです。お昼に同じように時計を補充するための髪を1本送ったが、芯が抜けて不安定な状況が発生した。