ブランパンCEOマークハイエクがGTマスターズチャンピオンシップで再び優勝

26度の暖かい陽光の中で、GTマスターズシーズンのフィナーレの戦いを見に来た33,200人の観客は、マークハイエクが36台の参加車両の中で目立ち、2011年のアマチュアチャンピオンシップドライバーのチャンピオンシップを獲得しました。

ハイエクとダッチマンのピーターコックスは、ランボルギーニガヤルドLP600 +を運転するブランパンリッターチームに所属しています。 シーズンの初め以来、彼らは並外れたパフォーマンスで表彰台に立つことを繰り返し、今年のタイトルに影響を与えました。 ホッケンハイムの最後の戦いの前に、ドライバーの競争は激しい傾向があり、ハイエクは207ポイントで順位をリードしましたが、2位のオリバーマイヤーよりも12ポイント有利でした。 続いて186ポイント。