葛飾北斎をモチーフにした超高級腕時計「FUGAKU」がゴージャスすぎて混乱する

セイコーの高級ドレスウォッチブランド「クレドール」は、浮世絵をモチーフに製作した「FUGAKU」を5月13日に発売します。見るからに高そうな見た目の時計ですが、そのお値段はなんと税別5000万円です。ご、ごせんまんえん……?
消費税だけで400万円となるコチラの超高級時計。モチーフとなったのは、葛飾北斎の「富嶽三十六景」の1つである「神奈川沖浪裏です」。富士山を背景に大きな波がザッパーン! ……のアレが、イエローゴールドやホワイトゴールドを使ってこれでもかと言うほど豪華に表現されています。
FUGAKU
う、美しい(「FUGAKU」公式サイトより)

その他にも、プラチナやブルーサファイアを48個(合計3.22カラット)あしらったゴージャス仕様。文字盤にはゴールドの波の他、漆で表現した夜明けの空もデザインされており、バンドの素材はクロコダイル革を使用しています。また、内部の機械には重力による影響を緩和し精度を安定させる超複雑機構、トゥールビヨンを搭載。外見だけでなく、中身も豪華な腕時計となっています。もうなんか、めまいがしてくる。