手首を軽く振ることで元の位置に戻りズレを補正しています

視覚障害者のために開発されたデザイン時計。針のかわりに、小さなボールが回るようにできていて、外周にあるものが時間、内周が分を示しています(動画参照)小さなボールは、内部の磁石によって動いており、触ると多少動くようになっていますが、少し振ると、磁石で元の場所に戻ります。
— via 触って時間を知る時計 BRADLEY CLASSIC MESH | MONOCO
まずは動画で動きを確認してみてください。


ケースサイド(外周)のボールが「時間」、ダイヤルのボールが「分」を表していますね。

触るとボールは動きますが、磁石で動作しており
手首を軽く振ることで元の位置に戻りズレを補正しています。

この発想は凄いですね。
フランクミュラー氏レベルの発想だと感じました。

クォーツムーブメント、洗浄できるチタンケース(日常生活防水です)。

これはウォッチではなくタイムピースだ と言う表現が伝わる完成された機能だと思います。