愛表族に従って2016年のSHH時計の展覧会に入る

来る来週の月曜日から、次の金曜日(1月18日~1月22日)まで、1年に1度のジュネーヴ高級時計国際サロン(SHH)時計展覧会がスイスジュネーヴで開幕する。この展覧会には、大きな時計ブランドが参加しているだけでなく、主催者が新たに招待された良質な独立製表者もいる。もちろん、愛表族チームはこのイベントに出席し、全方位の徹底した報道に参加するとともに、今年のSHH展示会で初登場した斬新な時計の上手なコメントをお届けします。
その時には、15の展示会の腕時計ブランド:ラン格(A . Lange & Sリッチ)、愛人(Baime&Mercier)、カルティエ(Cartier)、ハイパーポス、万国(IWC)、積家(Jaeger – LCoulte)、万宝竜(Montbanc)、スティーナル海(Paneri)、パマキニ、伯爵また、リチャード・ミラー(Richicher Mille)、ロジャードゥ、ゴッホの宝(Van Clef & ARpels)、そして江詩ダントン(Van Clef & ARpels)。ハードグループの傘下にあるRalph Loレン腕時計は今回の表展には出席しないが、出展ブランドは15社から24社に増加し、新たに参加した9つのブランドはすべて独自の制表ブランドで、今回の3つの新加入のブランドは、専門のエリア「Carr pes Horices(製表広場)」を設立した。これらの独立したブランドがさらに注目されるようになります。この9つの独立製表者は、カトリック天音(Chrishe Charet)、Bethune、ヘンリーが慕う時(H . Moer & Cエ)、HYT、Ken Voutilainen、ロロンブ、MB & FとUrwerk。