カルティエ:クラッシュ スケルトン【2015新作腕時計】

1960年代、自動車事故に巻き込まれて大破した時計からインスピレーションを得たというカルティエの変わり種、クラッシュ。

レディスの希少なハイエンドウォッチとして知られてきたこのエキセントリックなコレクションは、その登場以来同じ形、同じサイズでのみ製作されてきましたが、この度初めてサイズアップを受けた限定モデルが追加されることになりました。

従来の23ミリ×38ミリから、28.15ミリ×45.32ミリまでサイズアップされたケースは、歴代のクラッシュでほとんど製作されてこなかったと言われるプラチナ製であり、サイズアップに伴ってディテールにより複雑で立体的な表情が加えられている点は注目に値するでしょう。

この特別なケースにフィットされたのは、今回このモデルのために開発されたスケルトンムーブメント、キャリバー9618 MC。

これは地板をスケルトナイズして特徴的なローマンインデックスを表現するという、近年のカルティエが様々なモデルで製作してきたスケルトンムーブメントの流れを汲むものですが、クラッシュのアシンメトリーで複雑な形状に合わせて製作されたこのムーブメントは、地板やブリッジの形状のみならず、主輪列のレイアウトからしてかなり独創的なもので、またその複雑なアウトラインに合わせて湾曲したローマンインデックスも非常に豊かな表情を見せています。

また、手首に沿うように緩やかに湾曲したケースシェイプに合わせて、ムーブメントも湾曲している点も見逃せません。

変則的な意匠と細部にまで渡る卓越した仕上げが際立つキャリバー9618 MCは、2針のシンプルな手巻きムーブメントではありますが、そのツインバレルが生み出すパワーリザーブは3日間を誇っています。

このエレガンスの塊のような美しいタイムピースは、クラッシュの誕生年である1967年にちなんで67本という限定数で販売されます。

これまで販売されてきたクラッシュ・ウォッチと同様に、このクラッシュ・スケルトンも近い将来、強力なコレクターズアイテムとなっていくに違いありません。