パテック・フィリップに自信を持つ米があります

私達はすべて知っていて、ジュネーブの印は表を作成する技術苛酷な標準とに対してほとんど表を作成する業の“貴族”が象徴するのに等しいのを求めるため、甚だしきに至ってはいくつかブランドはこの“殺到するの”に対して、たくさんこの“腕が鳴り”に対して友達を表して、これはとても正常で、これが時計の“貴族”の標識ためです。パテック・フィリップも長期にわたりこの標準をそのまま用いて、初期のパテック・フィリップの腕時計の上にもほとんど全部この印があります。しかし抜群に優れているなことに自信を持つあって、自分で自分で、いいえ他の人の標準を標準にします。2009年の春、パテック・フィリップはすべて“パテック・フィリップ”の新しい印を採用するのを今後生産する腕時計を宣言して、百年のジュネーブの印をそのまま用いるのを諦めます。 このためパテック・フィリップの1人の副総裁はその時甚だしきに至っては大胆に私達の技術の下のあるブランドのある1モデルのチップに遠くにいてもジュネーブの印を獲得した時“を言って、パテック・フィリップは多分誤って思うにあるブランドと同一のレベルに属させられて、パテック・フィリップとジュネーブの印の間は実は大きなギャップが現れて、私達は参照物とするにそのように利用したくありません。”彼の話がもしかすると耳にして多くの人に耳にさわると感じさせて、しかし彼の自信もなるほどそのとおりだのでないのではなくて、パテック・フィリップはパテック・フィリップです。

革新して、控えめ、自信を持って、小さく編むからすると、これはパテック・フィリップの一般のものとは異なったのはあって、甚だしきに至ってはパテック・フィリップの魂で、これもちょうど他の人がまねてすべて学べにくくたいので、双方の追求と境界が異なるためです。