時計の取り外し器でどのように夢の時計のベルトを取り外します

まずベルトを外していない前に、まず大体測定して、いったいベルトを外して投げるのが適切です。それからベルトを外す前にベルトの裏面の矢印をよく見てください。矢印のあるベルトは取り外し可能です。そして、下に生地を敷いたほうがいいです。時計を守ることができます。テープ取っ手を緩め、ベルトを表溝に入れ、テープ取っ手のスチール釘を針穴に合わせたままにしておくと、テープ取っ手のスチール釘が矢印の指示方向にスムーズに貫通しているように見えます。このときテープ取っ手を内側に締め付けると、ベルト取っ手のスチール釘(長耳)が突き出て、クランプで長耳を抜いてください。
アメリカ式の時計のベルトはどのように取り外します
使用中は、ベルトを傷つけないように釘を使うことに注意してください。リストバンドを手首に合う大きさに頭から出してから、これらの場合は2つに折れたリストバンドをつなぎます。長耳を挿入して固定した後、残りの大きな節の先端の大部分は硬い物質で軽くその年に打つことができて、プラスチック質の定会が一番よくて、音量を時計のベルトを傷つけることを避けることができて、その年に打って入ってからベルト取り外し器で長耳を少しぺこぺこにすることができますか。注意ベルトを接続するときは、挿入された長い耳は矢印の反対方向にあり、鋼釘の円の先端、すなわち小さな頭を開くことに注意してください。