ロンジンクラシックリイシューシリーズL2.812.4.23.2

時計の形状は非常に興味深いものです。従来の時計とは異なり、12ポイントの目盛りとリューズの位置は、従来のデザインから外れています。この時計は、第一次世界大戦中にパイロットのために設計された時計のレプリカです。この「偏差」ダイヤルは、パイロットの便宜を図っています。 時計のレプリカの特徴である手首を上げなくても時刻を読み取ることができます。 時計の特殊な形がとても面白いので、最初は慣れていないかもしれませんが、このクラシックな個性的な時計は本当に魅力的です。