ハイジュエリー・バージョンやコンプリケーションを中心に、ため

それらの大部分は、全ての現代的ラグジュアリー・スポーツウォッチの範と呼ばれるロイヤルオーク、ロイヤルオーク・オフショア、またはミレネリーのコレクションに属する、近年の同社らしい都会的なエレガンスに満ちたものとなっていますが、生産数がごく少数に限られ、実際に目にする機会も非常に少ないであろう、大粒のバケット・カットされたダイアモンドを敷き詰めたトゥールビヨン等は、一般的な時計ファンにとっては、少々非日常的過ぎると言えるでしょう。

そんな希少性の高いラグジュアリーピースが大半を占める中で、今後最も多くの方が目にするであろう新作が、こちらに紹介するロイヤルオーク・オフショア・ダイバーでしょう。

今や伝説とまで表現されている、薄型でありながら立体感に富む卓越したデザインと、他の追従を許さない徹底した美しい仕上げによって不動の地位を築いた同社のロイヤルオークを、よりマッシブで現代的なスポーツウォッチとして仕立て直したロイヤルオーク・オフショアのコレクションにあって、最もオリジナル・デザインのエッセンスを残したオフショア・ダイバーは、磨き抜かれたハイグレードなインハウス・ムーブメント、キャリバー3120を搭載することによってその人気を決定的なものとしましたが、今回の新作においては、サファイアクリスタル製のトランスパレント・ケースバックを得ることによって、その個性溢れる美しいムーブメントをいつでも観賞できるようになりました。