20気圧防水を誇るブローバの名作

過去の自社製品を復刻したアーカイブシリーズが評判を呼んでいるブローバ。昨年、その第3弾として発表した「オーシャノグラファー "デビルダイバー"」に、今年は新たなカラーバリエーションのモデルが追加された。

1972年に初登場した"デビルダイバー"の名は防水性に由来する。オリジナルの防水性は666フィート(約20気圧)で、当時としては非常にハイレベルだったが、その"666"という数字が映画『オーメン』でも知られるように、聖書で不吉な数字とされることから悪魔を意味する"デビル" の愛称で親しまれるようになった。

復刻モデルでは"666" の数字を6時位置に記した文字盤や、個性的な立体型の夜光インデックス、15分間を色分けした回転ベゼル、クッションスタイルのケースなど、'70年代テイスト溢れるレトロデザインを忠実に再現。そして今回は、ネイビーを基調とした文字盤&ベゼルに、鮮烈なオレンジの差し色を施した。

もちろん、新作の防水性も20気圧(666フィート)で、自動巻きにしてアンダー10万円という価格も魅力的。時計の名前について語れるうえ、そのレトロな外観は腕に着ければ注目を集めること間違いなしと、いいことづくめの1本なのだ。