H Moser & Cie .制のビジネスの新しい境界を越えて

H Moser & Cie .のCEOのエドワード・梅朗(Edouard Meylan)兄弟会社Precision Engineeringエージーの助けのもとで、自ら登って執行スイス初の放物線飛行プロジェクトのエアバス(Airbus)社の飛行機は、指導者のテスト。おかげWitschi Electronics会社チームの助けと技師ヨハネス・マイヤー(Johannes Mayr)提供の空中を支持し、これらのテストはやっとこんな非日常の条件の下で成功する。エドワード・梅朗監督が様々な逃げ機構テストを行うことによって、彼らは極端な判定無重力と超過状態の表現。これは採用実施特ラマン代購双糸遊(Straumann Double Hairspring®は、一種の常磁性発条)や各種ブレゲ(Breguet)の絵を書いて縦に並べ発条テスト。飛行中にテストを受けるのは他のムーブメントを受けた飛行終瞭後に分析して、また組ムーブメントを受けた安定性のテストでは、組立、H Moser & Cie .の新シリーズに。エドワード・梅朗「テストを行うには兄弟会社エージーPrecision Engineering行う高等研究枠組み。Precision Engineeringのテストの対象は逃げや陽炎の新しい材料、異なる糸遊端曲線、異なる週波数や潤滑。我々はテストの耐衝撃性や磁場と極端な温度での状態、その他のパフォーマンスの目的は、私たちの安定性を確保する部品。が登場スイス初の放物線飛行プロジェクトのテスト飛行機に参与しはユニークな機会を、私たちの独立性と自主的制御機構の生産能力を把握した今回のチャンス。」