飛亜達が手をつないでいる北の時計工場が共同で時計の産業チェーンを作ります

6月6日、A株の唯一のスーパーコピー時計として上場会社として、飛亜達A(0066、SZ)は、北京の時計工場有限会社(以下、北表工場)との枠組み協定を締結すると発表した。その中で、飛亜達の投資額は現金8000万元(そのうち5100万元を落札した会社登録資本として)。
「毎日経済ニュース」の記者のインタビューによると、この協力は互いに補完することにあり、合資を通じて腕時計のコア技術を身につけ、腕時計ブランドの機軸の供給を保障し、会社の時計産業チェーンの重要な一環としての配置を強化し、同時に北の時計工場の「北京」、「両軍」に対してなどの国産ブランドが市場で再改善と改善を再開した。
「南北」との協力は
協議によると、北表工場は、その時計元の部品及び機心の製造業務、「北京」と「双眼鏡」のブランド及び関連業務チームなどの資源を設立し、北表の表業会社を設立して、北表の表業会社の100 %の株式を保有しています。分立が完了した後、飛亜達は現金8000万元で北表を投資し、出資した後、会社は北表の表業会社の51 %を占め、北時計工場は北の表の表業の49 %を占めています。
これによりますと、1980年代にかけて、北表工場の「北京牌」の時計はかつて中国人に最もなじみのある国産三大腕時計ブランドの一つであるということです。しかし、80年代の「石英嵐」は中国の国産機械製表業を再現した。90年代後半、北時計工場は元の国有企業から民営企業に転じた。
時計の専門家の白映沢は「毎日経済ニュース」の記者に教えて、今、北時計工場は中国の製表業界内の機械の機心の生産の“大戸”であるが、同時に自主的にダダの飛輪、三問などの複雑な腕時計を開発して開発することができて、しかし規模は大きく、ブランドの影響力、製品の販売と国際化は依然としてかつて輝かしい時刻に及ばない。