スイスのトップクラスの制表ブランドHUブログ宇渡表北京東方新天地専売店が再開した

スイスのトップクラスの制表ブランドHUブログ宇舶来は、王府井の北京初の専売店である東方新天地専売店が2010年に設立されて以来、数年で急速に発展してきた。2016年にかけて、過去を結んで未来を展望するような希望を受け、新しい宇舶表を飾る北京東方新天地専売店が今日再び開幕する。
宇舶表世界最高経営責任者のリカド・ループ(Ricardo Gueralupe)は、宇舶表大中華区総経理のルイ・ビフさん、宇舶表ブランド大使、国際ピアノ巨星郎朗と北京東方広場有限会社社長の劉領峰さんが、主礼ゲストとして専門店に彩られています。これに伴って、宇舶表の「全黒」理念10周年の中国巡展は、宇舶表全黒腕時計40品――Big Banシリーズ、古典融合シリーズなどの古典的な作品で「見えない可視」という弁証法哲学を演じ、腕時計収集愛好家とハイエンド消費者たちと10年の「全黒」の理念を分かち合った。ファッションの「全黒」の披露宴をやってきました。
オープンした専売店の面積は120平方メートルに達し、豪華で革新的なブランドのDNAが展示され、宇舶表の創意に限りない「融合の芸術」を示している。店の内装は、黒い溶岩、黒い雲の床に石墨色の真皮を合わせた家具、ガラスと放光ステンレスの照明を配合している。壁面に飾られているボプダーアートの絵とポープアートの要素は、爆発と衝突の中で、時間の殿堂の中で完璧に融合させ、ジャンプの色が本来の冷たい色調のデザインの店でもモダンな印象を与える。また、ハイテク革新技術の姿が店にも出ていて、宇渡表の輝かしい歴史を様々なハイテク技術で語る。また、全国の最新のデザインと最大の広さの専売店として、宇舶表の全シリーズの腕時計としても、消費者にとって無わずかな鑑賞体験をもたらすだけでなく、お客様にとってはお客様のお客様にとっては、お客様のお客様からのショッピングの雰囲気になります。