ショパンの「親民」小三針――ショパンL.U.C XPS 1860精鋼デザインの腕時計

始まりはすべてにじゅう年前、「自家製ムーブメント」とその独立の部品供給能力とはない時計業界が盛んな時、1項の傑出なマイクロ並んで絞め陀ムーブメント弗里耶製造てと現われた世間の人の目の前。弗勒里耶、塔威穀の1基のタブ町も、そこで育ったショパンのL.U.Cシリーズの時計ファンられ、高い評価の腕時計シリーズ。今、このシリーズは再び新しい時計、記念に誕生二十年。そんな中で、モデルXPS 1860の精鋼表の内部に搭載されたまさにブランドオリジナルのマイクロ振り子陀ムーブメント、精緻魅力的で、絶対に値するかみしめ装着者。
90年代初頭、半端ねぇ何軒時計ブランドが能力を自分のムーブメント、ショパンはKarl-Fiedrich Schefeuleさんの指導の下で、も始まった自主的な研究の道。1996年、ブランドは傲然として発売したL.U.C 1860腕時計、その内に搭載されたはそれらの初の自家製機械ムーブメントをCal.1.96。この一裏塚の事件を出産したという優れた腕時計シリーズは、ショパンを見せたタブの秘めた非凡芸、ブランドの今後の多い発展の道の頑丈な基礎を打ち立てました。はL.U.Cと命名にブランドの創始者、Louis-Ulysse Chopardさんに心からの敬意を表します。