エコプロダクツ2007 – 電波ソーラーウォッチで魅せるカシオブース

カシオ計算機のブースでは、デジタルカメラや電波ソーラーウォッチ、電子辞書、電卓などの同社主力製品が展示され、それぞれの「エコ活動」への取り組みが説明されていた。

同ブースの説明員によると、同社は「ものづくりに対して、”小さく、薄く”という省エネ、省資源の理念をもっている」という。展示では、アウトドアスペックの電波ソーラーウォッチ「PRO TREK」シリーズの従来モデル「PRW-1100」と新モデル「PRW-1300」の仕様の比較が行われていた。新モデルでは、従来モデルと比べて厚みが16.8mmから11.5mmと薄くなったことに加え、重さも60gとなり、18gの軽減を実現しているそうだ。