ロトンド ドゥ カルティエ ダブルミステリー トゥールビヨン

文字盤中央下、時分針の下に設けられた透明な空間のなかに浮かんだフライングトゥールビヨンとトゥールビヨンケージが、どんな歯車とも繋がりをもたない姿で、静かに自転しながら時を刻む。宙に浮かんだ時針と分針、ふたつの針で時を表示する……。いまから101年前の1912年に誕生し、スペイン女王をはじめ当時のセレブリティを魅了した「ミステリー クロック」。そのミステリアスなアイデアとメカニズムをさらに進化・発展させたといえる、神秘的なトゥールビヨンの姿に思わず時を忘れる、時計史にあらたな一歩を刻む傑作だ。なおフライングトゥールビヨンは1分間に1回転、トゥールビヨンのケージは5分間で1回転する。

手巻き、プラチナケース、ギヨシェをほどこしたスレートカラー ガルバニック加工ダイアルにサンレイ シルバー仕上げのオープンワークグリッドの文字盤、ケースサイズ直径45mm、総パーツ数242個で完全自社開発製造のダブル ミステリー トゥールビヨン機構搭載のキャリバー9454 MCムーブメント、シースルーバック、30m防水。1529万8500円。今秋発売予定。