ブルガリとグッチがバーゼルワールドからの撤退を発表

WatchTOPレポート:世界最大の時計およびジュエリーショーとしての地位を誇るバーゼルワールドは、2019年のバーショーからスウォッチグループが撤退した後、多数の顧客を失いました。LVMHの子会社であるボルグ Li(BVLGARI)とKering’s Gucci(GUCCI)は、2020年にバーゼルワールドからの撤退を続けて発表しました。

ブルガリとグッチの2つの主要ブランドの撤退は、間違いなくバーゼルインターナショナルウォッチとジュエリーショーが相次いで行われましたが、BVLGARIはこの時計ショーからの撤退を選択しました。 「ゼロから始める」という合図とGUCCIは警告なしに撤退を発表しましたが、これはまもなく開幕するバーゼル時計見本市(4月30日)にとってさらに大きなヒットとなります。 昨年、GUCCIはバーゼルウォッチフェアの大きな救世主でしたが、2番目のブースはスウォッチグループの退職により生じたギャップを埋めました。