カモメの時計はどうやって手で弦を上げるの

時計の針が動くのは、芯の中に髪が入っているからだ。通常は金属材料を使って作られ、長い薄片状を呈し、表の軸に巻き付けられ、便を回転させた後、エネルギー駆動ポインタを放出する行為を「上発条」と呼ぶ。一般的には、腕時計は上のストライプによって2つに分けることができます。1つは手動の上のストライプ(手動時計と呼ばれます)で、1つは自動の上のストライプ(自動時計と呼ばれます)です。自動ヘアピンは、表主が天常活動中に手首を動かしたり、体を動かしたりして発生する力を利用して自動的に中の髪の貯蓄エネルギーにすることができ、秘密は機心の中に置くことができるハンマーを持っていることだ。手動でストライプを巻くのは、時計の主が自分で時計を回転させるだけではなく、中間歯車が与える貯蓄エネルギーを牽引する。
カモメの時計はどのように手動で弦を張ります
カモメの腕時計の手動ストライプの方法については、手動時計であれば、邪魔力が死地より大きいと感じるまで時計を連続的に回すことをお勧めします。また、腕時計が動力備蓄に余裕を持って最適な幸運状態を得ることを確保するために、毎日と1つの時間で行うことが望ましい。しかし、手動でヘアピンをつけるには輪を変える必要があります。これは標準的な答えがありません。時計の髪や歯車のデザインが違い、回転時計の絵にもついていないからです。自動時計であれば、運気を止めた後、時計を20~25回転させ、手動で時計にストライプをつけ、機械心で正常に戻してから着用することをお勧めします。経なければ