「青」の腕時計をかぶって初夏の風情を味わった「カモメ」は、微楽の町の町

夏が来るにつれ、ゆったりとしたゆったりとした長い時間が来て、このさわやかな初夏に、カモメ表が外に出てきて、生活を愛している都市楽族の人たちとの「親密な接触」がありました。最近、カモメ表が北京のマイクロショッピングセンターに上陸する楽しい町を展示し、6月21日までに、北京にいるカモメ表のファンたちは、現場に行くことができ、機械の腕時計を身につけた限りない魅力を身につけていた。
首都北京は全国の政治、文化、商業中心であり、多くの世界の有名な時計ブランドが集まっていて、カモメ表北京の専売店から初の国産腕時計として多くの国際ブランドの専売店、落戸王府井東方新天地以来、5年近くを経て、京城の10余家の小売りに至る端末は、海外におけるブランドの特質と進取のブランドの生命力を示している。
今回、カモメは多くの有名な生活ブランドと共に「楽生き町」、カモメ「ウォッチ」、「デザイナー」、「愛都」などの新作腕時計とともに登場し、様々な精密製造のカモメ自動機械腕時計、楽天的な環境保護の概念が生活のカウントダウンに溶け込んでおり、日常的に身につけて腕時計を動かすことができるそして、カモメ「ツンドラ」などの複雑な構造機械の腕時計は更に精緻な芸と深い歴史の文化を極致に演繹して、愛表人の永久の秘蔵となった。