ポルトガル法輪の後にマーリサが第12回ゲーラソディオリジナル音楽祭大賞に輝いた

ポルトガル法輪の歌歌家マリサは、アルベネヌ美術館で個人特別コンサートを開催し、視聴者の熱烈な反響を得て、今年度のドレスデンの音楽祭に成功した。コンサート終了後、ドレスデン音楽祭総監・ボグ・ボガー(Jan Vogler)と、ゲーラソディオリジナル全世界総裁の彦・ガンマ(Yann Gamle)さんが、第12回ゲーラソディオリジナル音楽祭賞を受賞した。例年通り、サクソンからのアルフレッド・海威格製表学校の弟子2人が完成し、製表師とマーリサの2人が授賞式の舞台に登場した。
マーリサは「この大賞を獲得できるのは光栄」と述べた。特に私は、この国の伝統的な音楽の形式をさらに注目させることである。私は法の芸術が世界の多くの国と地域に普及することを心から願っています。特にそれはもっと多くの若者のためによく知ってほしいです。ゲーラソディのオリジナルとドレスデン音楽祭にこの賞を与えてくれてありがとうございます!
マリサは世界の各年齢層に接触し、法輪の突出に貢献して25 , 000ユーロのボーナスを獲得した。ドレスデンの音楽祭の総監・ボグールさんは、「マーリサは今最も有名なフランスの歌姫です。」2011年、法輪芸術はユネスコの人類非物質文化遺産に登録された。マリサはヨーロッパ全体の法輪芸術キャラクターとして、突出した貢献をした。そこで今回のゲーラソディのオリジナル音楽祭大賞を受賞した彼女は、名残らず。一方、マリサは国連児童基金の親善大使であり、その芸術の成就によってポルトガルの最も重要な文化賞の1つを受賞した「オデムInfant Dom Erm Erm Ereee」騎士勲章を受賞した。また、フランス政府から授与された国家芸術と文学騎士勲章を受賞したこともある。そして、有名な監督カロス・紹ラの映画「法輪」は彼女をモデルにしたが、BBCドキュメンタリー『マーリザと法輪の歴史』も彼女の事跡を報じた。