【写真特集】国際高級時計見本市「SIHH 2017」開幕

【1月13日 AFP】スイスの腕時計メーカーが12日、ケース(外装部分)がスイス産チーズでできた100万ユーロ(約1億2200万円)の腕時計を披露した。

同国の高級腕時計メーカー、H.モーザー(H.Moser)製のこの時計は「スイス・メード」(スイス製)ならぬ「スイス・マッド(Swiss Mad)」を名乗っており、新規制への当て付けとして作られた。

これまでは、国内調達部品の割合が50%に達していればスイス製ラベルを使用することが可能だったが、年初から施行された新たな法律により、その割合が60%に引き上げられたからだ。

H.モーザーは同法の施行以降、「スイス製」を名乗ることを止め、「これまでに作られた中で最もスイス的な」時計を発表すると宣言していた。

文字盤部分はスイスの国旗にちなんだ赤と白で、スモークレッドの文字盤に15分刻みの白いインデックスがついている。ケースの縁どりに使用されているチーズは、モーザーのエドゥアール・メイラン(Edouard Meylan)最高経営責任者(CEO)の故郷の村で冬季に作られるチーズ「バシュラン・モン・ドール(Vacherin Mont d’Or)」で、耐久性を強化するために樹脂でコーティングされている。