シルバーメタリックのボトルに詰まった印象深い香り

軽やかながら香りが持続する“コロン・アブソリュ”という、あたらしい香りのカテゴリーをつくりだしたパリ発のフレグランスブランド、アトリエ・コロン。2013年にパリで発表されたライン「コレクション・メタル」からは、今年2月に“ブランシュ・イモーテル”と“サンタル・カルマン”の2種が日本で発売されている。

3つめの香りとなる“ウード・サファイア”は、フレグランスでは先例のない透明感とエレガントなレザーにくわえ、ウードの深い香りと、美しいシトラスがあいまった不思議な魅力をはなつ。インド半島のアンバーとカラブリアのベルガモットが、ウードとバークウッドとの印象深いバランスを保っているのも新鮮だ。

メタルフィニッシュの重厚感あふれるボトルがシグニチャーとなっているブランドのスーペリアライン「コレクション・メタル」。ラグジュアリーで独自のスタイルをもつアトリエ・コロンの世界を、深まる秋に楽しみたい。