超制覇オメガ新超制覇シリーズ「CK 298」限定版腕時計

1959年、オメガの超制覇シリーズCK 298腕時計が世に出て、世界で最も腕時計収蔵家に愛された超覇シリーズの骨董表の一つとなった。独自の特徴的なアルファポインタ、対称の表殻と深色表輪の設計は腕時計愛好者の愛顧と支持を受けている。また、このクラシック時計も「初のオメガ宇宙時計」として絶賛されている。1962年、宇宙飛行士のワルテル「ワリ」・シュエラはプライベートで購入した超制覇CK 298腕時計を装着して水星計画(Mercuryプロジェクト)の「シークコード7号」(Sgマ7)の任務を実行し、オメガの宇宙を探索する歴史ページを開いた。
オメガは今、このクラシックな時計をインスピレーションとし、新たな超制覇シリーズ「CK 298」限定版の腕時計を発売した。この腕時計は、元の腕時計のシンボル的な特徴を保持すると同時に、デザインに対して様々な革新を行い、古典的かつファッション的な外観で新たな腕時計愛好者を魅了する。
腕時計の表盤には黒の小文字盤と黒い分輪を装備しており、黒の放光陶磁器の表には、白エナメルの脈拍数を表す。黒の皮の表帯は、等距離の小さな穴を見せて、白のゴムが隠れている。
脈拍数の目盛りは、1分間のときめきを測定することで、CK 298腕時計には特別な意味がある。その年、元の超制覇シリーズCK 298腕時計は4種類の時計輪が消費者の選択を提供することができ、測定速度、脈拍読数の目盛り、10進法の目盛りと距離を含む。今、新しい“CK 298”の腕時計は再び脈拍の読み数のこの経典の元素を採用して、更に原型の時計の設計の精髄を続けます。