火星行き終わっ墓――漢ミルトン君を連れて秘密を探る「寻龙訣」

最近、一部の「寻龙訣』と語ったら、やっと公開一週間、興行に迫りきゅう、く億。映画のヒットにつれて、「摸金校尉」、「盗墓」、「鬼吹燈」などの言葉になり、全話題。この部はウル善監督、陳坤、黄色の渤と舒淇主演のサスペンスアクションを、中国語映画興行かもしれない新奇跡。
「寻龙訣』の物語の背景設定はにじゅう世紀はちじゅう年代末、映画の中で、「摸金トリオ」の唯一の女性、舒淇演じるShirley杨是一人の中国係アメリカ人で、小さいときからアメリカ育ち、西洋文化の影響を受けるの性格上、豪快で気前が良くて。この和漢ミルトンのブランドの精神や歴史的背景と非常に似ている。漢ミルトンは育ちのアメリカ腕時計ブランド、大気、頑丈ではずっとブランドを大衆の印象につれて、1974年加入スウォッチグループの前身、漢ミルトンがアメリカから来たスイス。
からこそ腹の中に燃えているのアメリカ精神、こちらで生活はちじゅう年代果敢なアメリカ中国係の女性を選び、装着漢ミルトン腕時計と一緒に共にかNULLNULL古墳。ダークタイトなタンクトップの彼女の腕に装着した漢ミルトンカーキパイロット自動機械38mm腕時計、まるで中国版「ローラ」、シャトル大風が荒れ狂うさま、断崖絶壁の間。さっき同行マット.デイモン完成「火星の旅」の漢ミルトンと、今度は早々に探しに踏み出した千年古墳の長い旅路、「心を込めて.敢為」ブランドの精神はまた一回当たった。