私にない部分をもっているブランドだから着たくなる

イギリスという国や国民性の保守的でミニマムで、ちょっと影がある感じが好きです。マーガレット・ハウエルのつくりだす女性像が、自分にはない面をもっているので惹かれてしまう。マーガレット・ハウエルはスタイリングの先に普遍的でマニッシュで凛とした女性像があるんですよね。

つぎの春夏のシーズンも、私のなかにはないテンションの「マニッシュとハンサム」が表現されている。だからこそそれが欲しくなるんです。私のお気に入りの大きめな襟の半袖シャツに、メンズテイストで懐かしいデザインのタック入りのハイウエストパンツを合わせてセットアップ風にしてみました。いつも手に取ってしまうマーガレット・ハウエルのシャツに新鮮なボトムス、そして時計を合わせて、私のなかにはない新鮮なテイストを取り入れて、あたらしい女性像を表現してみました。