HublotはF 1モナコグランプリに輝いています。

宇舶表(恒宝表ともいう)は、80年代、イタリア人カルロクロココがスイスのラクレマン湖畔のNyon小鎮でHublotの腕時計ブランドを創立しました。当時、このブランドは腕時計界とは相容れないようで、「別種」と呼ばれていました。よく言えば、Hublotは新鋭ブランドです。
80年代は腕時計にとって激動の時代であり、石英時計の発明によって、スイスの各伝統的なタブ工場は倒産の危機に瀕していました。最初にこの腕時計を集めたのは、大物のギリシャ国王だったという。彼は腕時計を二つ買いました。自分で一つを残して、もう一つはスペイン王室にあげました。
Hublotはフランス語で船体の側面の採光用の「舷窓」を意味しています。これはデザイナーに良いヒントを与えています。だから、今見ているHublotの時計は多くの金属の集合体を使って重いケースを作っています。重金属感が非常に強いです。これはスイスの腕時計のデザインの中で極めてまれです。ゴムバンドはHublotのもう一つの大きな貢献です。手首の肌に不快感を与えるバンドを緩和するため、長年の研究開発を経て、ゴムを大量に使うようになりました。この技術はスイスの腕時計の一貫したスタイルを打ち破りました。最高級で伝統的な腕時計にもゴム技術が導入され始め、多くのフランスの古典腕時計店がこの点に不満を持っていたとしても、最終的には消費者であり、腕時計業界よりも早く市場がHublotを受け入れた。
最初からHublotは変わりやすい感じがします。創業者のCalo Croccoが提唱したのは「Fusion」で、「融合」という意味です。彼はイタリア人で、イタリアの風格とスイスの完璧な技術を融合させたのは彼が昔から求めてきたものです。変化の多いデザインスタイルは偶然にも「変化に富む」CEOに出会い、Hublotをさらに鬼に金棒にしました。