ダブシシリーズは、腕時計を女性として生まれた。

表展が始まる前に、万国表はダブシシリーズのデザインを披露していて、表金の公式画像だけではかなり強烈な感じがしませんでしたが、上手になってからこそ美しい感じがします。この腕時計は現場の女性が上手になってからは、少しも厚みのある時計の耳があると思われていますが、実際に着用している中には、近年、女性が男性表をかぶっているような姿をしています。

 
腕時計の殻は精製鋼の材質で、表の輪には54本のダイヤモンドを象眼して、刻度と針の美しさがよい。活動式の表耳に得られており、実際に装着している中で腕時計をより良くすることができる。女性の独特な審美に迎合して、ピンクのピンクワニの皮の表帯を使用して、底蓋は19個の円環の“生命の花”で、ダブシのシリーズの芸術の特質を解釈します。

 
腕時計は35・111型のチェーンコアを内蔵しており、カレンダー表示機能を持っており、中央秒針は調整時のプロセスでは停止することができる。腕時計は36ミリのサイズで、2014年の万国の中装表と1つのサイズで、価格面では、公式価格は83300元となっています。