ロンジンの名工-月相L2.673.4.78.6作業

ずっと中毒ロンジンの明匠の時計は、優雅な外観を見て好き名工が大気(と思う)、私は第1時計は05年に購入した天駿当時、知らないのは香港の会社の登録はスイス、買う時もゆらゆらされ、当時も分からない表、年後、決定入手ブロック本当意味のスイス腕時計、当時縺れとか、予算2Wごろ、当時から、もブランドも知らない入手どのブランド、あるものはIWCOの基本的なモデルとしては、気に入った見メートルが足りなくて、十分にメートルで、それの縺れとか、もつれた長い時間で、その後はやはりロンジンでしょう、名工シリーズをあちこち選ぶ気に入った月相、フォーラムバブルを始め、名工シリーズ月相表の価格は、を周心少し凉都と機能が多すぎて、壊れやすく、そして週間跳び半束の問題について、結局あきらめたくない、としているのは、基本的には悪、大部分の人でも、説明書を読むのは、夜中に跳び表、悪くないのも当然だ、どうせ約束は悪いが、最後はやはり自分の意思で入手月相、、最終的に決定した、、イタリア。