厚积薄发–エプソンが着設備発表会現場報道

「2016年じゅうに月に日、北京」日本エプソングループが着設備発表会見が北京本社に盛大な会見、今回は発表された現場は全部で三大シリーズ製品—エプソンプロスポーツRUNSENSE腕時計、スマートcanvas時感がテーマの腕時計、東方双しし腕時計。
​エプソン(中国)の有限会社の社長さんに紹介した安藤宗德エプソンの中国市場での成果を、これにし、発売の設備を期待着。
今回の発表会​エプソン(中国)の有限会社の高級総監王金城さんには今回が発表した新しい着設備を定義して、このRUNSENSEプロスポーツウオッチ取り組み高精度GPSセンサーチップそして修正機能、彼特有の双センサと二重ろ過波器、毎秒モニタリング心拍数、頼りエプソンは省エネチップ、精度ガンダム99 .今マラソンにヒットした者にとってはさすがに大きな福音。これからも、心拍数ではなく、心拍数帯で競馬をしていました。そして時計の重量は非常にしなやか、航続能力も20時間に達しました。カロリー、配速、心拍数区間で、撮影ようだ、睡眠と気持ちもとても便利な腕時計によると、いつでも理解して自分の健康状況。