Blancpain(ブランパン)が再び手を携えて世界の海洋サミット

今回の世界の海洋サミットはエコノミスト誌の編集者のジョン・米克斯ウェルテルが司会を務め、Blancpainブランパングローバル副総裁兼市場監督と語るDelamurazと各界のセレブが一堂に会し、ウェールズ王子チャールズ、モナコ親王アルベール二世、ポルトガル大統領阿尼巴尔·卡瓦科・シルバ、アメリカ国務長官のジョン・ケリー、アメリカ前国防相レオン・帕内塔、コスタリカ前大統領や世界の海洋委員会合同氏ホセ・マリア・からレイスや、世界の多くの政界、経済界、国際組編み、非政府組織、シンクタンクと学界の指導者、皆にご出席。今回のサミットで主要な二つの核心の内容を検討し、海洋ガバナンスと持続可能な発展。は3日間の会議で、代表たちは2012年に第1回サミット引き続き発揚の精神に富む、実効的な会話を繰り広げた。