新1万円札に採用される「渋沢栄一」のからくり時計

2024年に40年ぶりとなる一万円札のデザイン変更が行われることが決定。

これまでの福沢諭吉から渋沢栄一に肖像画が変わるとのことで、現デザインが出回るのは残り5年となりました。

この渋沢栄一という人物は第一国立銀行、王子製紙、大阪紡績といった500以上の会社設立に関与した実業界の偉人であり、地元である埼玉・深谷市には渋沢栄一を讃える「からくり時計」が展示されています。
渋沢栄一のからくり時計はJR深谷駅の階段を下りた先に設置された約4メートルに及ぶ巨大な時計です。

正式名称は「ふっかちゃんからくり時計」とよばれ、2012年に渋沢栄一の没後80周年記念事業の一環として設置されました。

「実用的で市民や訪れた人たちが楽しめるように」というコンセプトのもと作られた渋沢栄一のからくり時計は、表向きは同市のゆるキャラである「ふっかちゃん」の可愛らしさを堪能できる時計ですが、7時~23時の定時になると、ふっかちゃんを押しのけて、渋沢栄一翁が現れます。