映画鑑賞券のプレゼントキャンペーンも

世界中で愛されつづけている“白雪姫”。そんな名作童話をもとに、ターセム・シン監督がユーモア溢れるエンターテインメントとして映画化。ワガママ女王役にジュリア・ロバーツ、ヒロインにリリー・コリンズと豪華俳優陣を迎えた『白雪姫と鏡の女王』が9月14日(金)から公開される。

スワロフスキーでは、舞台、映画、広告、グラフィックデザインなど、さまざまな分野にわたって活躍し、今年惜しまれつつも逝去したコスチューム・デザイナー石岡瑛子氏とタッグを組み、ジュリア・ロバーツ演じる鏡の女王の華やかなドレス3点をまばゆいスワロフスキー・エレメントで装飾。大胆なゴールドのパーティードレスをはじめ、鮮やかなレッドの仮面舞踏会用ドレス、手の込んだデザインのウェディングドレスで約20色、10万個ものエレメントが使用された。

会場では、実際に劇中で使用された赤いドレスとウェディングドレスが登場するほか、石岡瑛子氏の貴重なデッサンや、映画シーンのパネルなどを展示。また、「鏡の女王」をモチーフにしたピアスやブレスレット、ペンダントといったジュエリーも販売される。