アークドロ報の時にオウムに懐中鑑賞を聞く

280年後、アークドロ(Jaacet Droz)工屋は依然として同じ精神を受け、家族の発祥地――ラ夏徳義に復帰する。ここでは、ブランドのすべての職人はその才能を尽くして、3年の秘密の研究開発を経て、共同で1項の非凡な傑作を創造しました。

この工夫を凝らした作品は1枚だけ作って、同じ懐中表にアークドロのすべての工芸を集結している。製表の工芸と装飾芸術の結び目は同光である。時報インコ3問懐中時計(Parrot Repeater Pocket Watch)踏襲ピエール・ジャック徳羅創始の自動人形の技術、今まで押し技術、創意や芸術の新しい境界。

この名は体を表す芸術の傑作が描いて生まれ動の自然主義の景観。ジャック徳羅の好きな鳥ダイヤルに異彩を放つ。鳥がロマンチックな気質と澄んだ歌声人気がある、ブランド名が知られている一連の時報の鳥が三問表(Bird Repeater)に抑揚を付けて歌う。

コンゴウインコがきらびやかな羽根を選ばれた絵の主役。この作品の中で、コンゴウインコが写真を見て三羽のひな。5匹のオウムも活動:左側インコ全身可動、右側のオウムはスイングヘッド。第1匹の雛が殻を破って、もう1羽は往復の鼓動。家庭はずっとジャック徳羅の好きな創作のテーマ。このオウムの家につると交錯が生い茂る森ハイビスカス。一羽の鳥が浮かぶ天堂のんびり、虎は1本の活動の滝の足元に飲用水。真珠母貝文字盤の底ろく時位置に見える別の1匹の虎、文字盤の上流に歩いて2枚ゴールド?ポインター。