時計職人はPatek Philippeによってどのくらい訓練されていますか?

時計職人になるための道では、Patek PhilippeのCenter of Excellenceが間違いなく最高です。 2013年9月、道路技術者の中でも、Patek PhilippeのCenter of Excellenceは間違いなく最高でした。中国市場向けにPatek Philippeの基準を満たし、中国の顧客に最高の顧客サービスを提供する地元の時計職人を育成することを目的としています。

切削、ホーニング、旋盤加工、熱処理、研磨などの工程を含み、リシャールミルスーパーコピー図面の要件を満たす工具または部品を製造する。必要とされる誤差範囲は0.05mm以内であり、それはこのPatek Philippeウォッチメーカーに強いハンズオン能力、鋭い目、そして強い心理的耐久性を要求します。

Patek PhilippeのCenter of Excellenceは、学生の最初の部分の器用さと安定性だけでなく、十分な理解と十分な実践的な知識も必要としますが、それに応じて環境は良好です。これがパテックフィリップの業界初の自信かもしれません。

しかし、もしあなたがPatek Philippeのプロの時計職人になりたいのなら、あなたが10年間一生懸命勉強するチャンスはありません。基本を学んだ後は、歯とピニオンの噛み方、てんぷのバランス、ひげぜんまいの調整、デッキジェムギャップの調整、そしてデッキの隙間の調整の仕方を学ぶ必要があります。待って、そのような厳格な “学校”の “卒業生”、それは資格のある時計職人になります。