北京表携え60周年特別金デビュー2018年深圳時計展

2018年の「中国(深圳)国際時計展覧会」では、60年の独立制表能力を持つ専門ブランドとして、ブランドを携えて60周年を迎えるという誠意のある作品として、ハイエンドカスタマイズシリーズ超薄型ドッダの腕、潜り込みシリーズのカラードッカが展示された。一つの陀飛輪は、精純な製表の伝統を敬意を表して、東洋の美学の魅力を礼賛して、腕時計愛好家のために芸術と時計の盛宴をもたらした。
今年の北京表展示館は、これまでと変わらず高いブランドの認識度と芸術感を持っています。「北京紅」のアーチを持ち、濃い紫禁城の歴史の趣を持っています。また、北京表のブランドマークとは互いに呼応しています。代表的な「東洋の美学」要素、大面積の紅壁、宮門、亭楼閣に続いています「霊燕」のトーテムは、「北京」のグランドスペースに巧みに溶け込み、腕時計愛好家の美的な体験をもたらす。
展示館の細部処理は、新たな手法で再演出され、流れる線の美しさに満ちています。紙の材質の花弁の屋根、片片の独立した花びらは秩序感に富んで下に伸びていて、芸術化によって視覚ガイド線を形成しています。柔らかい刺繍の生地は、靭性を与えられて、滑らかな線のセクシーさを表します。
北京表60周年特別モデルの飛輪腕時計も、今回の展示会で初登場した。新しく設計された表殻は、わずか6.5ミリの厚さで、北京表の超薄型ドッダの機心を搭載しており、厚さは2.9ミリで、わずか1枚のコインの厚さに相当する。視覚的な美しさによって、絶えず精進して精進している時計の過程:機心の構造と機能を再構築し、空間利用率、機心効率と安定性を向上させ、2つの上でチェーンがセットになって、機心と協力して、80時間にわたる動力の記憶を提供します。製造難易度はさらに幾何級数の増加である。