宝玉(BREGUet):手を携えてジュネーヴ国際音楽大会が開幕する2015年の音楽の祭典

スイスの時計ブランドの宝玉は常に積極的に芸術文化の分野で活躍しており、クラシック音楽との歴史的な縁は深遠な流長と言える。そのため、宝玉は2002年にジュネーヴ国際音楽コンクールの主なスポンサーとなった。2015年9月22日、宝玉が手を携えてジュネーヴ国際音楽大会を手にしたジュネーヴ時間の城(Citu Tem、アドレス:Pont de la Machan 1)で発表会を行い、第70回ジュネーヴ国際音楽大会の計画を明らかにした。
手を携えて今まで、宝玉はジュネーヴ国際音楽大会の日増しに成熟し、一躍進して業界の看板になった。2015年には、宝玉の最有力支持のもと、試合の作曲賞を受賞した4人の入隊者から青年の作曲家を選び、音楽の夢を助けようとしています。
大会中、クラシックファンは受賞者の音楽祭(Loreates Fes tival)で受賞者の風貌を見抜く。14回のコンサートの素晴らしさで、30人余りの受賞者がジュネーヴに集まった。天才長笛演奏家のアドリアナミ・フェレット(Adola Ferreira)が、デビューアルバムとしてデビューし、2014年に「宝玉の愛」大賞に輝いた。第70回ジュネーヴ国際音楽大会の閉幕コンサートは、心が熱くなった瞬間に収まる。閉会会は、2015年11月15日にBonal des Ficesシアターシアターで公開される(アドレス:プラネーズVolontaires 2)。